グリーンフィールドサウンドのHPへようこそ! 結婚式、パーティー、イベントに素敵な生演奏をお届けいたします。ジャズ、クラシック、その他オールジャンル対応OK!


|  トップページ  |  スケジュール  |  演奏者ご紹介  |  価格表  |  お問い合わせ・お申込み  |  プロデューサーブログ <山崎真也> <太田瑞穂  |
ショッピングモール・イベント会場◆  ◆ウエディング◆  ◆レストラン・カフェ・ラウンジ◆  ◆パーティー(企業・プライベート)
◆音楽イベント企画◆  ◆学校・幼稚園・保育園・その他施設◆  ◆音源制作◆


◆演奏者のご紹介◆

当社所属プレイヤーのうち、一部をこちらにてご紹介させていただきます。

GROUP,UNIT  VOCAL  PIANO,ACCORDION  GUITAR,BASS  DRUMS,PERCUSSION  SAXOPHPNE  VIOLIN,VIOLA  CELLO  FLUTE


GROUP, UNIT

Crescent(クレセント)

太田瑞穂(Piano) と山崎真也(Guitar) による、癒し系音楽ユニット。
耳に優しく心地よいサウンドで、オリジナルからポップスやクラシックなどのカヴァーソングなど、ヒーリングミュージックをお届けいたします。
現在、オリジナルCDアルバム制作中。

ブログ

太田瑞穂のプロフィール  山崎真也のプロフィール

 

YacoJam(ヤコジャム)

人気サックスプレイヤー永井泰子を中心としたJazzバンド。
各メディア(TV、ラジオ等)や、一流ライヴレストランなどで活躍するメンバーが集結。
唯一無二の洗練されたエキサイティングなパフォーマンスを魅せる。
スタンダードからオリジナルまで幅広いレパートリー、柔軟性に富んだ抜群の演奏力で会場をわかせる。
これまで、イベント、ショッピングモール、パーティー、ブライダル会場など
あらゆるステージで好評を博す。

ブログ

永井泰子のプロフィール

 

amusette parti(アミュゼット パーティ)

アコーディオニストの佐々木憲が中心となって活動する、ジプシースウィング、マヌーシュジャズ、ミュゼットなどを演奏するグループ。
デュオからトリオ、カルテットなど様々な組み合わせで、パリの街角を彷彿とさせる上品でありながらも熱い演奏は、場所を選ばず聴衆を楽しませます。

佐々木憲のプロフィール

このページのトップへ


VOCAL

村上碧梨 -Midori Murakami-

Vocal

武蔵野音楽大学、声楽科卒業。Classicはもちろん。CanzoneJazzPops を歌う異色歌手。日本人離れしたパフォーマンスと歌声で好評を得ている。
ホテル「インターコンチネンタル」「ミラコスタ」ディナーショー出演をはじめ「West53rd」「Q.E.D Club」「銀座タングルウッド」「トライベッカ」「Jz Brat」など、様々なホテル、ライヴハウス、クラブなどで活躍中。
2007年には、ニューヨークレコーディングを含めたオリジナルCDを発売。

 

村上圭寿 -Keiju Murakami-

Vocal

1994年メジャーデビュー。1997年、角松敏生プロデュースのコンピレーションCDVOCALAND2』に参加。多数のオリジナルソングを持つほか、ポップスカヴァーのレパートリーを数多く持つ。
伸びやかなハイトーンや圧倒的なパワーは、ダニーハサウェイそのもの。ヴォーカル講師としても活動しており、後進の指導にもあたっている。

 

篠原祥子 -Shoko Shinohara-

Soprano

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。二期会オペラスタジオ第43期マスターコース修了。
岡崎實俊、原田茂生、毛利準、島田和子、野村浩子、エレナ・オブラスツォワ、在原勝の各氏に声楽を、松井和彦氏に音楽表現を師事。
各種コンサート、オペラへの出演や、ベートーヴェン「第九」のソリストなど演奏活動を行う傍ら、ヴォイストレーナーとしても活躍している。
2002年、調布市民オペラ「魔笛」の童子Tでオペラデビュー。2003年、滝口亮介歌曲集CD「トロイメ〜夢」収録。
2006年、コンセール・ヴィヴァン新人オーディション優秀賞受賞。うたうねこ合唱団指導。
二期会会員。

 

オリビア バレル-Olivia Burrell-

Vocal

ジャマイカンレゲエシンガーの父親と敬虔なクリスチャンの母親の間に生まれた彼女は、幼い頃から自然に音楽に触れて成長した。
ウェディング、イベント、CMなど多種多様なプロジェクトで歌声を響かせている。
来日後はソロシンガーとして活躍するほか、TVドラマ「スローダンス」のサウンドトラック制作に関わるなどの才能も発揮する。
韓国人歌手K、中森明菜らのレコーディングやツアーにコーラスとして参加、中島美嘉、浜崎あゆみ、HYなどとも共演する。
2010
年は、久保田利伸やJUJUなどのツアーに参加。

 

 



ジャスティン セクストン-Justin Sexton-

Vocal

幼少の頃より教会でゴスペルを歌う。
13才の時、シンガーソングライターである母メロディ・セクストンと共に初来日。その後六本木ピックフォードにレギュラー出演、ホール最年少出演者として注目を浴びた。その活躍を見い出され、SPEED、小室哲也、倉木麻衣など多くの日本人アーティストのツアーやPVなどにも参加する。作曲家として、EXILEらに楽曲提供。また、CMにも多数の楽曲を提供する。

 このページのトップへ


PIANO, ACCORDION

 



太田瑞穂 -Mizuho Ohta-

Piano

18歳でピアニストとしてデビュー以来、全国各所にて演奏活動を展開。
2004
年、皇后陛下の御前での演奏及びサウンドプロデュースを手がけ、称賛を受ける。
日本国内ではまだ数少ない「ヒーリングピアニスト」として、2009 年本格始動。
聴く人の心に届く「癒し」の音楽を伝えている。

また、音楽を中心とした総合的な空間のプロデュースを行う「音楽空間プロデュース」を独自に確立。
「音楽空間プロデューサー」として数多くの様々な空間を手がけ、各方面より高い評価を受ける。

2009年より癒し系音楽デュオ「Crescent」を結成し、商業施設やカフェ、レストランなどでの演奏を行っている。
現在、山崎真也氏プロデュースによるオリジナルCD アルバムを制作中。

 

 



千村智子 – Tomoko Chimura-
Piano

洗足音楽大学音楽学部卒業。
クラシック音楽を中心に演奏活動を展開する一方、ポップスやヒーリングミュージックなども表現手段としての幅を
広げている。

現在はホールコンサートの他、レストラン、カフェなどでその豊かな表現力での演奏を披露している。

 

 



倉橋サダヨシ -Sadayoshi Kurahashi-
Piano, Keyboard

アレンジャー、ミュージシャンとして様々なアーティストをサポート。
レコーディング、コンサートツアー、テレビ歌番組出演時などにサポート参加。
自己プロデュースアーティスト「ラブコネクション」メンバーリーダーとして、BMGジャパンよりメジャーデビュー。
中山美穂、Dreams Come True、観月ありさ、森川由加里、森川美穂、田原俊彦、平松愛理、中西圭三、渡辺美奈代、MIE(ピンクレディ)、渡辺真知子、とんねるず、サーカス、松本伊代、バネッサウイリアムスなど、多数のアーティストのコンサートなどに参加。

 

 



竹花一希 -Ikki Takehana-
Piano, Keyboard

2005年尚美学園ピアノ科卒。
学内オーディションではベストキーボーディスト賞等を受賞。
卒業後ピアニスト・キーボーディストとしてのセッション活動を開始 し、年間120本以上のライブ・演奏活動をこなす。
Jazz/Latin/Funk/Soul
からRockまで幅広いジャンルをこなし、特にエネルギッシュなピアノとエキサイティング なオルガンには定評がある。
現在は自己のOrgan TrioSwing Soul Sessionsでの活動の他、バンドやシンガーのライ ブサポート・レコーディング、レストランやウェディングでの演奏の他、ポピュ ラー/ジャズピアノ講師として指導も行っている。
現在、テーマパークアトラクションで定期演奏を行っている。

 

 



阿部篤志 -Atsushi Abe-

Piano

都内を中心に各地でLive活動中。Jazzにとどまらず、あらゆるジャンルの音楽にその活動の場を拡げている。
最近では日本フィルハーモニー交響楽団をはじめとするオーケストラとの共演、様々なポップス歌手への楽曲アレンジ・レコーディング参加、またコメンテーターとしてテレビ出演するなど、その活動は多岐にわたる。
自らのJazzトリオでも、日本を含めた世界中のあらゆるリズムを取り入れた斬新な切り口で、ジャズの新たな可能性を模索している。
ミュージカル 『リトル・ヴォイ 』、『スターダスト・イン上海』
テレビ出演 『題名のない音楽会』 『たけしの誰でもピカソ』
共演 高嶋ちさ子、小林香織、有岡清BIG BAND、江尻憲和トリオ、中川昌三、つのだ☆ひろ、中島啓江、NAOTOVn)、他多数

 

 



外山安樹子 -Akiko Toyama-
Piano

札幌市生まれ。6歳よりヤマハネム音楽院にて作曲、演奏法、理論等を学ぶ。自作の曲やクラシックで国内外のコンサートに出演。
93年にはフランスでの国境なき医師団のチャリティーコンサートに参加。サル・プレイエルにてシルヴァン・カンブルラン指揮、フランス国立放送管弦楽団と共演し、その模様がテレビ放映される。他に札幌交響楽団、大阪ニューフィルハーモニーなどと共演。
進学のため上京し、早稲田大学で法律を学んだ後、ジャズに出会い、それまでとは全く違う音楽感に衝撃を受け、独学と実践で勉強を始める。
数々の実力派ミュージシャンと共演を重ね、現在都内、千葉、茨城のライヴハウスを中心に演奏活動中。

 

 



佐々木 憲 -Ken Sasaki-

Accordion, Piano, Keyboard

幼少のころよりピアノを始め、その後シンセサイザーに魅せられプログレッシブロックやポピュラー音楽に傾倒。
大学時代よりジャズを学び、卒業後はジャズにとどまらず様々なジャンルにてプロ活動を開始。

ピアノを松本圭司、アコーディオンを望月保孝、タテヤマユキ各氏に師事。特にストライド奏法を使ったスウィング、ニューオリンズやジプシースウィングなどのアーリージャズを好む。
他方でプログレッシブロックやクラブミュージックや、フランスの民族音楽であるミュゼットやルーマニア、ブルガリア等のジプシー音楽やアラブ・オリエンタル音楽、アイリッシュ音楽などの欧州民族音楽の演奏でも活動中。

多数のバンドや様々なアーティストのサポートとしてジャンル、形態を問わず活動する傍ら、レコーディングやテレビ・映画出演などにも参加。東京STB139、大阪ビルボード等に出演。

AnnSally 6th Album「こころうた」に参加。横浜港開港150周年記念イベントY150にて巨大クモ型ロボット「ラ・マシン」と共演。
園子温監督の映画「奇妙なサーカス」、NHK月曜ドラマ「ハチロー 母の詩・父の詩」、テレビ朝日土曜ワイド劇場「花嫁の叫び」等に出演。

 

 



春日章宏 -Akihiro Kasuga-
Piano, Keyboard

中学時代からバンド活動を始め、高校時代から徐々にジャズに興味を持ち始める。
高校卒業後はサポートやセッション活動を開始。
2004
10月にセッションで知り合った仲間とJunk Jazz Connectionを結成。
2005
11月から、ジャズピアノを紅野智彦氏に師事。
2006
5月からソロ活動を開始。

CDリリース
2006
5 1st mini album World's on edge
2007
5 2nd mini album Walk Along
2008
年にはColumbia Music Entertainmentから自己プロデュースアルバムを2枚リリース

 

 



柳 隼一 –Syunichi Yanagi-
Piano, Keyboard

大学一年の時にチックコリアに出会い、Jazzにのめり込む。
洗足音楽大学音楽学部器楽科Jazzコース卒業。 在学中はJazz Pianoをユキ・アリマサに師事。

Jazz Piano
を基本に、Classicなどジャンルを問わない演奏活動をしている。

津軽三味線の師範や、ベテランSax奏者Red Hollowayとも共演する。

現在は都内のライヴハウスを中心に自己のバンドで活動中。
また、ブライダルやレストラン演奏などマルチに才能を発揮している

 

 



トニー・サッグス –Tony Suggs-

Piano, Keyboard

19716月、アメリカヒューストン生まれ。
幼少の頃、教会で聴いたハモンドB3の音色に触発され演奏を始める。

ハイスクール時代からプロとして活動し、現在は世界的ビッグバンド「カウント・ベイシー・オーケストラ」のピアニストとして世界を駆け回る。
カウント・ベイシー・オーケストラの一員としてレイ・チャールズらと共演。
他にもナンシーウィルソン、ジョンヘンドリックス、マンハッタントランスファー、ニューヨークヴォイセズらと共演。

2007年にはオリジナルCD「Black Berries」を発表。


このページのトップへ


GUITAR, BASS

 



山崎真也 -Shinya Yamazaki-

Bass, Guitar, Piano, Keyboard

アレンジャー、ミュージシャンとしてアーティストをサポート。様々なバンドのベーシスト、ギタリストとして活動。

1995 年頃より、本格的にオリジナル制作。エイベックス等を経て、1999 年自己プロデュースオリジナルユニット「NAKED GROOVERS」で日本クラウンよりメジャーデビュー。

その後、様々なアーティストへの楽曲提供、アレンジ、演奏での参加を行っている。
日野賢二、Joe Pace等と共演。
ゴスペルベーシストとして数度にわたり渡米し、現地の教会などで演奏する。

2004 年頃より独自の活動を始め、各イベントやレストランなどのライブをプロデュースする。
2007
年「グリーンフィールドサウンド」を設立、さらなる実績を積む。

自身がリーダーとなり、実力派ジャズバンド「Swing Soul Sessions」を結成、各方面で話題となる。

現在、ピアニスト・ギタリスト・ベーシストとしてライヴレストランなどでレギュラー出演中。
2009年より癒し系音楽デュオ「Crescent」を結成し、商業施設やカフェ、レストランなどでの演奏を行っている。

 

 



梅原 新 -Arata Umehara-

Guitar

広島出身
中学時代にビートルズを聴きギターを始める。
大学時代はジャズ研に所属。広島市内のジャズバー、ライヴハウス等に出演するようになる。2003年上京。
現在は都内ライヴハウスでアーティストのサポートの他、レストランやクラブ、ウェディング等でも演奏活動を行っている。

 

 



河野文彦 –Fumihiko Kohno-
Guitar

東京都出身。スイング・ジャズや日本では珍しいマヌーシュ・ジャズのギタリスト。

Robert Crumb & The Cheap Suit SerenadersのギタリストTom MarionやフランスのRodlph Raffalli など、海外の演奏者との共演も多い。

'07'08の二度渡仏して、パリ市内やジャズフェスティバルでセッションを重ねる。
'09
6月にアメリカのインディアナ州のジャズフェスティバルに出演。
テーマパークやホテル、ライヴハウスなどで活動中。

 

 



渡部拓実 –Takumi Watanabe-
Bass

岩手県出身 14歳よりエレキベースを始め、20歳よりチャールズ ミンガスに影響を受けウッドベースを始める。

法政大学在学中よりソウル、ファンク等バンドで活動を始める。
その後スウィング、ニューオリンズジャズに出会いプロ活動を始め、キャナルストリートバンドで神戸ジャズストリート出演。

ジミー・スミス(Ds)、ジョージ・プロパート(Sax)、ジェフ・ブル(Tp)共演。
オールドジャズを中心にジャンルを問わずライブ、レコーディング等、幅広く活動中。

このページのトップへ


DRUMS, PERCUSSION

 



松田嘉幸 -Yoshiyuki Matsuda-

Drums

3歳から中学卒業までエレクトーン、ピアノを習う。高校入学と同時にドラムを始める。
高校卒業後、アメリカの専門学校[Losangeles Music Academy]に2年間留学する。
帰国後、幅広いジャンルで演奏し現在、某楽器店にてDrumの講師を勤める。

現在に至るまで多数のアーティストサポートで活動し、各方面からの信頼が厚い。
Jazz/Funk/POP/LATIN
等、幅広いジャンルから創り出されるグルーヴと確かなリズムには定評がある。

 

 



川口伸王-Nobuo Kawaguchi-

Drums

出身:愛媛県

上京後、本格的な音楽活動を開始。
'96
'97MachuPicchuにて活動。
ON AIR RECORDS CD
FutureFaceI」に参加。

菅沼孝三氏に師事し、現在、菅沼孝三ドラム道場、横浜渋谷などで講師を務めている。
また、セッションなどでのライヴ活動やドラム教則ビデオを手がけるなど幅広い演奏活動を行っている。

ジャズ・ロック・ポップスなど、ジャンルを問わずプレイするその華やかなスタイルで、多数のミュージシャンからの信頼も厚い。

このページのトップへ


SAXOPHONE

 



永井泰子 -Yasuko Nagai-

Saxophone

1985225日東京生まれ。魚座のO型。
15
歳の時、母が持っていたYAMAHAAlt.SAXに出会い吹き始める。
高校卒業と同時に、東京ミュージック&メディアアーツ尚美管弦打楽器学科に入学。
在学中にベストプレイヤー賞を2度受賞し、Live活動を開始する。
卒業後、東京オートサロン、ファッションショーなどのコラボイベントに参加。

2007年に結成したJazz BandSwing Soul Sessions」で各地で活動する。20087Swing Soul Sessions オリジナルアルバムを発売、その年10月に着うたがランキング3位になる。
2009
年モーターショーのトヨタブースにアーティストとして出演、人気を集める。

東京ドームホテルアーティストカフェ、表参道ヒルズ、原宿TORIBECA、渋谷Jz BratなどでLiveをする他、企業パーティー、ブライダル、などでも演奏する。

2009年永井泰子Jazz GroupYACOJAM」をスタート。
YACO
JAM でのライブの模様が、2009626日発行の西多摩新聞の第一面に取り上げられるなど、メディア面においても活躍の場を広げている。

 

 



石井正幸 –Masayuki Ishii-

Saxophone

洗足学園音楽大学にて、ジャズを学ぶ。

学内コンテストにて、優秀な成績を収めプロとして活動開始。
ジャズセッションなどでライヴハウスなどの出演、ブライダルやパーティーなどでの演奏多数。
黒人シンガーOlivia Burrellのサポートメンバーとして、渋谷東急セルリアンタワーJZ Bratのステージに立つなど、活動の場を広げている。

このページのトップへ


VIOLIN, VIOLA

 



鈴木睦美 –Mutsumi Suzuki-

Violin

3歳よりヴァイオリンを始める。桐朋学園付属女子高等学校音楽科、同大学付属ディプロマ、プラハ音楽アカデミー卒。

現在、メジャーアーティストスタジオレコーディングの他、クラシックに限らず様々な方面で活動中。

 

 



五味陽子 -Yoko Gomi-
Violin

5歳よりヴァイオリンを始める。

国立音楽大学音楽学部器楽学科ヴァイオリン専攻卒業。
在学中、学内オーケストラでコンサートミストレスを務める。

全日本演奏家協会主催 第3回ドイツ音楽コンクール入選。
第9回大阪国際音楽コンクール アンサンブル部門入選。
一橋大学兼松講堂リニューアル記念コンサートにオーケストラで出演。指揮者尾高忠明氏、ピアニスト故園田高弘氏と共演。
東京国際芸術協会主催 第27回新人演奏会に出演。
第27回松本市新人演奏会に出演。
同大学代表として、06’京都国際音楽学生フェスティバルに参加。
サントリーホール主催「レインボウ21」に同大学選抜オーケストラメンバーとして出演。

八王子市文化祭第28回音楽芸術フェスティバルに出演。

島谷ひとみ、清木場俊介、EXILE、ゆず、F4KinkiKids等、アーティストのレコーディングやライブに参加。
現在、クラシックを中心に自主公演の演奏会やレストランでの演奏など場所は様々、ソロ・室内楽・オーケス

  
  
トラと幅広く活動している。

これまでに、大関博明、S.クラフチェンコ、二宮隆之、小森谷巧の各氏に師事。

 

 




伊佐山加奈子 -Kanako Isayama-

Violin, Viola

洗足学園大学音楽学部(現洗足学園音楽大学)卒業。
大学在学中、ザルツブルク・ジャパンウィークに参加。
また、学内選抜による「室内楽の夕べ」に出演。

6歳より、ウ゛ァイオリンを磯恒男氏に師事。ビオラ・室内楽を、岡田伸夫氏に師事。

演奏活動はブライダル、オーケストラ、スタジオ、テレビ出演など幅広く、ミュージックフェア、ミュージックステーション、SMAP×SMAPなど(TV)、B'Z、リリーズ、中西圭三など(ライブ)、ラロシェル、クイーンアリス、ラブレー、ローリーズ、シェ松尾(松濤・青山・天王洲アイル)など(レストラン)、またリビエラ、八芳園など多数のホテル・結婚式場で演奏している。
音楽教室講師。

 

 



櫛田哲太郎 -Tetsutaro Kushida-

Violin

ジャズのみならず、あらゆるジャンルをプレイするヴァイオリニスト。
ジャズバイオリンコンテストで優勝するなど、その実力は折り紙つき。

現在はライブハウス、レストラン、ブライダルで演奏するなど、活動の場を広げている。
ビッグバンドを従えてのジャズオーケストラ演奏も行い、そのパフォーマンスは圧巻である。

このページのトップへ


CELLO

 



河村 治 –Osamu Kawamura-

Cello

15歳よりチェロを始める。これまでに秋津智承、小野崎純、廣狩理栄、原田伸江の各氏に師事。

国立音楽大学在学中より演奏活動を開始。

ソロ演奏のほか、有名オーケストラ、室内楽等にて活動中。
他に、ラゾーナ川崎プラザ、表参道ヒルズMIYASHITA、イオンモールミュー、銀座阪急モザイクなどでのイベント、レストラン、ブライダルパーティー演奏などで活躍。

現在「サム・プラン・アンサンブル」を主宰、クラシック音楽の普及をコンセプトにプロデュース活動を行なっている。

メジャーアーティストと共にミュージックステーション、うたばん、HEY!HEY!HEY!等、多数のメディアに出演中。
共演者は、宮本文昭(オーボエ)、本多俊之(サックス)などジャンルを超えて多岐にわたる。

このページのトップへ


FLUTE

 



山田ゆう子 -Yuko Yamada-

Flute

オーケストラからソロ活動まで、ジャンルを問わない幅広い演奏でファンを魅了する。

オペラシティコンサート、船上パーティー、レストラントゥールダルジャン演奏、恵比寿ガーデンプレイスクリスマスコンサート等出演で多方面から好評を得ている。

その他テレビ、ラジオ出演など精力的に活動中。

 

 



薄田真希 –Maki Usuda-
Flute
Flauto TraversoPiccolo

札幌市出身。9歳よりフルートを始める。
1998年、国立音楽大学音楽学部器楽学科フルート専攻卒業。
2000
年、昭和音楽大学大学院音楽研究科修士課程修了。
日本フルート協会第25回デビューリサイタル、国立音楽大学同調会第22回新人コンサートに出演。
2002
年、フルート二重奏&ピアノの編成による【Ayla-アイラ-】を結成。今年に至るまでASA主催「スペシャルコンサート」に出演中。
演奏家団体【リュミエール】の一員として「エレガント・クラシックス」に多数出演。ネパールの子供達の為の「ラリグラスの会 チャリティーコンサート」、豊島区で開催される「ちっちゃい子コンサート」にレギュラー出演。
2003
年よりラテンバンド【AFRORITMO MAQUINA】に参加し、関東を中心としたライブ、イベントに出演&レコーディングに参加。
2008
7月、地元札幌にてリサイタル「フルートの心にのせて」を、10月には東京にて初のディナーコンサート「癒しの奏〜密かな情熱」を開催し好評を博す。
2009
年より「クーペ&Shifo コンサート」に多数出演。

フルートを石原利矩、松原悠久、中村勇、ジャズフルートを佐藤まどか、室内楽を丸山為三、フラウト・トラヴェルソを有田正広の各氏に師事。

現在音楽教室で指導にあたる他、各種コンサート、ディナーショーのゲスト出演、ブライダル、ファッションショー、などでの演奏活動を行う。

このページのトップへ


この他、多数のプレイヤーをご紹介させていただきます。



| HOME | Artist |
Player | Shopping Center | Restraint/Bar | Party/Event | Wedding | Price | Mail |



info@greenfieldsound.jp

Copyright (c) 2010 Green Field Sound All Rights Reserved